水がワインに!?自宅でワインを飲む人にうれしいニュース?

wine

普段ワインを飲んだり、料理で使ったりする人に嬉しいニュース。
なんとたった3日で水をワインに変身させるワイン醸造器、その名も「MIRACLE MACHINE(ミラクル・マシーン)」が米国で発表されました。

wine1_sp
参考元:miracle machine

生み出したのは、イギリス人実業家のPhilip James(フィリップ・ジェームス)さんと、アメリカでワイナリーを営むKevin Boyer(ケヴィン・ボイヤー)さんの2人。
2人は酒の席で「水をワインにできないか?」と話していたのをきっかけに、本気で開発を進め、1年ほどの研究機関を経て、ついに製品発表!

気になる作り方は簡単。水と濃縮グレープ、風味を決める特別なパウダーを入れるだけ。あとは、「MIRACLE MACHINE(ミラクル・マシーン)」をBluetooth経由でスマホと接続しスイッチオン!
72時間後にはワインを頂けるというわけ。

味はというとカベルネ・ソーヴィニヨン風、シャルドネ風、ピノ・ノワール風などを作ることができて、今後は十数種類のラインナップが揃えられる見込みらしい。
1本分のワインにかかる費用は200円程度で、一般的に売られている2000円相当のワインと同等なんだからコスパはいいよね。

wine2_sp
参考元:miracle machine

気になるマシーンの値段は499ドル(約5万1000円)を予定しているとのこと。
早ければ今年の後半には販売開始されるみたい。
始動するに当たり、クラウドファウンディングサイト『キックスターター』にて出資者を募る予定のようです。気になる方は公式サイトでチェックしてもいいかも。

あぁ、どんなときもこんな冗談のようなことから素敵な発明が生まれるんですね。
販売されたら是非マシーンで作られたワインを試してみたいです。

ちなみに日本では酒税法の関係でアルコール分を1%以上含む酒類を製造することは禁止されているので、海外にて是非試してみたい。

参考元:miracle machine

  • Facebookでシェア