この発想は素晴らしい!大量のミニトマトを、見事一発で真っ二つに切る方法。

元々、日本では航空機の機内食用として栽培され始めたミニトマト。
今やその甘さや色、栄養価の高さから、お弁当やサラダ、天ぷらやフライにと多種多様に使われるようになりました。

ただ、使うときはたくさんの数のミニトマトを切らなくてはいけない場面もあるかと思います。小さくころころ転がってしまうミニトマトを一つずつ切り分けていくのは結構面倒ですよね。

その手間を、家にあるもので一気に省く切り方を紹介している動画がありました。
動画「How to Cut Tomatoes Like a Ninja – Cooking Hack」を観ると、その一部始終が確認できます。

まず用意するのは2枚の平皿と包丁。

平皿のうえにミニトマトをばら撒き、あたかもハンバーガーのパンズのように、そのうえにもう一枚の平皿をかぶせます。

そして2枚の平皿の隙間に包丁を横に入れ、一気にスススススーーーーっと切り込む!!

かぶせてあった平皿を取ると・・・・見事!!あの、ころころしたミニトマト達は皆真っ二つ!

以前、私もイタリアンレストランで働いていたときに毎日何百個というミニトマトを切っていたので、そのときこのミニトマト一発切りの方法を知っていれば・・・・・・・・。

試さずには居られないこの見事な方法。単純だけどナイスアイデア!
こういった、身近にあるものを活用して出来ることを知っておくと、料理も楽しくなります。みんなで料理する機会があったら、是非この方法でミニトマトを切ってみましょう。ちょっとしたパフォーマンスにもなってその場が少し盛り上がるかも。


  • Facebookでシェア