[ デザイン×肉=食育 ] 素敵なデザインでしっかり食育できるスペインのお店

「カルビ」

「ハラミ」

「ロース」

焼肉を食べるときに必ずと言っていいほど、聞くお肉の名前。

それぞれどの部位のお肉か分かる人がどのくらいいるだろう。

パッと聞かれてすぐに答えられる人がどのくらいいるかな。

このデザインを見たらそんなことをふと思いました。

corella

これ、お肉のパッケージに動物のイラストとどの部位かがしっかりと示してあるんです。

お肉は普段から色々な場所と場面で食べられますし、大好きな方も多いと思います。

ただ、どの部分なのか分からず食べていることもよくあるのでは。

「カイノミ、、美味しいよね~! (ん、、、カイノミって、、、どこの何?) 」なんてことも、、、、、、

私自身、今となれば仕事柄知らなくてはならないことの方が多いですが、

かの有名な「こ○っちゃん」も腸だと知ったのは多分中学生くらい。

都市伝説のような話では、スーパーで売っている魚の切り身がそのまま海を泳いでる。と思っている子供もいるって聞いたことがあるくらいです。

魚がさばかれている光景を見たことがなければ、あり得ない話でもないです。

corella2

このパッケージはスペインのお肉屋さん「CORELLA」が提供しています。

お店リニューアルのためデザイン事務所Faunaがデザインしたとのこと。

corella3

んー、シンプル!分かりやすい!

こんなデザインのパッケージであふれるスーパーが身近にあったら、子供を連れて行けば大人も子供も関係なく食育ができますね。

素敵です。

corella4

CORELLA [ THE dieline ]

  • Facebookでシェア