NASAも注目!「キレイ」「健康」をつくるアンデスのスーパーフード「キヌア」

みなさん「キヌア」って知ってますか?

NASA専門誌に「1つの食材が、人間にとって必要な全ての栄養素を提供することは不可能だが、キヌアは植物界、動物界において何よりもそれに近いものである」とまで書かれた食材、「キヌア」

キヌアはボリビアやコロンビア、ペルーといったアンデス地域を発祥として5000年前から食用とされていたと言われています。

キヌア

一時は歴史から姿を消していましたが1990年代にアメリカ航空宇宙局(NASA)が理想的な宇宙食の素材の一つとして評価し、「21世紀の主要食」とまで言っています。

◆なんと言っても女性の味方◆

その栄養素は精白米のタンパク質は2倍、カリウムは6倍、食物繊維は8倍、カルシウムにいたってはなんと10倍!!

体内で合成できず栄養分として摂取しなければならない必須アミノ酸のバランス(アミノ酸スコア85)も牛乳に匹敵するほど良質です。

キヌアはさらにフィトエストロゲンという女性ホルモンと同じような働きをする成分を含みます。更年期障害や骨粗しょう症に対する改善効果、乳がんの予防、骨密度低下の抑制など、「キレイ」と「健康」をつくるための要素も盛りだくさん!栄養バランスに優れた食品ということで、自分や家族の健康に気を遣う女性の味方ですね!

近年では欧米で健康食品としても認知されるようになり、フランスではパスタ、スイスではチョコレートと、さまざまの加工食品の原材料として取り入れられる程です。

もちろん普段の料理にも取り入れることが出来ます。
例えば・・・

・キヌアのサラダ
・キヌアのスープ
・キヌアのパンケーキ
・キヌアのご飯
・キヌアのクッキーetc…..

見たとおり普段の料理に加えられるってことです。

調理法はキヌアをまずゆでること!
ゆでキヌアを作っておけばサラダにも主食にもデザートにも混ぜて利用できる。
食べるとプチプチしていて楽しい食感のキヌア。

栄養価が高く自分と大切な周りの人の「きれい」と「健康」をつくっていく上で素敵な味方のキヌア、是非試してみてください。

  • Facebookでシェア