イタリアンレストランが演出した日本の”粋”を堪能!”SALVATORE COUMO & BAR 浅草”が3月20日にオープンした

株式会社ワイズテーブルコーポレーションは、2015年3月20日”SALVATORE COUMO & BAR 浅草”をオープンした。

”SALVATORE COUMO & BAR”はナポリピッツァを日本に広めた功労者として知られるサルヴァトーレ・クオモ氏がプロデュースするピッツェリア&バール。

イタリア料理が日本の食に定着しつつある中、窯職人が作った薪窯で、温度や湿度により発酵状態が変わる繊細な生地の管理や、生地の形成から焼成など厳しい指導を受けたピッツァ職人だけが焼くことを許されたナポリピッツァを食べることができるイタリアンレストランだ。現在では東京をはじめ全国、そして台湾にも出店されているが、1年ぶりに東京23区内、“浅草”という伝統ある地でオープンした。

ただ、今回はメインのナポリピッツァではないメニューの中に浅草店でのみ出されるメニューがあるのでいくつか紹介します。

◆浅草シーザーサラダ ~雷おこし入り~

PSC_4

シーザーサラダといえばサイコロ状に切ったパンを焼き上げたクルトンが入っているが、浅草店では浅草のお菓子として有名な“雷おこし”が入っている。はじめは雷おこしの甘さが、ソースの塩気とぶつからないかと思いましたが、その甘さが塩気をバランスよく引き立てすごくまとまっています。

◆土佐ガツオのたたき 瞬間スモーク

PSC_1

料理にフラスコのようなガラスの蓋で密閉し、その中に桜のチップを焼きスモークをチューブを使って入れ、容器内に充満させます。そして、食べる直前に蓋を開けスモークを外に逃がす。解放されたスモークによって、テーブルの上にはスモークの良い香りが立ち昇ります。

スモークの香りが新鮮な食材に染み込み”クセ”になる味と演出が楽しめる料理です。

◆こぼれ升。スパークリング

PSC_2

日本酒の”もっきり”スタイルで飲むシャンパンです。シャンパンがグラスからあふれるほど注いでくれます。

そのほかにも、雪国では貯蔵庫として利用される『雪室』で熟成された”スノーエイジングビーフのグリル”や、ワインにロックアイスを入れ爽やかな味わいを楽しめる”ロックスワイン”が楽しめます。

スノーエイジングビーフのグリル

スノーエイジングビーフのグリル

ロックワイン赤 ロックスワイン白

ロックスワイン 赤

ロックワイン 白

出されるメニューにはどれも”粋”が隠し味となり、その土地に生活し古くから根付く人、国際観光都市として様々な国籍の人が

集まる伝統ある町”浅草”で愛されていく可能性を秘めたメニューが用意されている。

ぜひイタリアンレストランが演出した日本の”粋”を堪能してみてはいかがだろうか。

また、ランチではピッツァかパスタからメインを1品注文し、サラダ・前菜・スープ・ドリンク・デザートをブッフェスタイルで楽しめる”オーダーブッフェランチ”が提供されているとのこと。

オーダーブッフェランチ

オーダーブッフェランチ 1280円~ 

”0~2歳 乳児 無料 / 3~5歳 幼児 ¥300 / 6歳~12歳 小学生 ¥600”といった子供料金も用意されているので、浅草へ散歩する際に、ぜひお子様連れでランチするはいかがだろう。ほかにもデリバリーサービスを行っているので、近隣のご家庭やオフィスなどでイタリアンレストランの味を楽しむことができるとのこと。

【店舗概要】
SALVATORE COUMO & BAR 浅草
住所:〒111-0032 東京都台東区浅草1-26-5 ROX・3G 1F
TEL:03-5806-3965
デリバリー専用TEL:03-5806-1171
営業時間:

<月曜日~金曜日>
Lunch:10:30 - 15:00 (L.I. 14:30)
Tea:14:30 - 17:00
Dinner:17:00 - 23:30 (L.O. 22:30)

<土、日、祝日>
Lunch:10:30 - 16:00 (L.I. 15:30)
Tea:15:30 - 17:00
Dinner:17:00 - 23:30 (L.O. 22:30)

公式HP:http://www.salvatore.jp/restaurant/asakusa/

  • Facebookでシェア