朔旦冬至~太陽と月の復活の日の食育~

2014年12月22日は『朔旦冬至』です。

冬至は1年で最も太陽が低い位置にあり、日照時間が短い日です。短いというと、「太陽復活」というワードはあまり浮かんできませんが、最も日が短いため、これからは日が長くなるという意味で冬至は太陽の復活と捉えられていました。

そして、満月へ向かう始まりの新月も重なり、19年に一度、太陽と月が復活する日が重なったおめでたい日です。

そんな冬至に、「かぼちゃ」を食べるのはなぜでしょうか。

運を上げる・・

冬至はこれから太陽の力が強まっていく始まりとなるため、「一陽来復」と言い、この日を境に運が上がっていくとされていました。

そのため、この日に「ん」が付くものを食べることで、運をさらに高めようとする習慣がありました。
これを『運盛り』といって、代表的な食材は、にんじん、れんこん、だいこん、きんかん、ぎんなん、などがあります。
どれも「ん」が2つ付いていますね。

では「かぼちゃ」どうでしょうか。「ん」はついていません。

ただ「かぼちゃ」を感じにすると「南瓜(なんきん)」となり「ん」が2つ付きます。

『運盛り』されてますね。

そして「かぼちゃ」は本来、夏の野菜で、南方の食材だったことから、夏や南、すなわち「陽を多く含む」ものを、一年で最も「陰(太陽の力が弱い日)」に食べるという意味で、「かぼちゃ」が食べられていたようです。

また「かぼちゃ」はビタミンAやカロチンが豊富なので、風邪や中風(脳血管疾患)予防に効果的です。
栄養面でもかなり理に適っているんですね。

柚子湯に入る由来

「かぼちゃ」のほかに冬至に欠かせないのが柚子湯に入ることです。
由来としてよく聞くのが、『柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」』といった語呂合わせですが、本来は運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)です。

香りの強いものは邪気がおこらないという考えがあり、旬の柚子は香りも強く用いられていたようです。

もちろん柚子湯には血行を促進して体を温めて冷え性を緩和したり、風邪を予防したり、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果があります。寒い冬に柚子湯に入るのも理に適っているんですね。

また、湯にいれる柚子を一つ使ってホットドリンクや料理にするのもいいですね。

明日は祝日ですし、寒い外から帰宅後、柚子をつかったホットドリンクを飲んで一息してから、柚子たっぷりの柚子湯に入って夜をゆったり過ごすのはいかがでしょうか。

  • Facebookでシェア